スキップしてメイン コンテンツに移動

耳納北麓ジェラート総選挙巡り2019 ③マンゴージェラート

マンゴージェラート-枝から自然落下した完熟の味(鳥越農場)
 今年もジェラート総選挙が開催されます(7/20土~9/30月 詳細は、耳納北麓ジェラート街道[久留米市世界のつばき館]サイト)。参加店は9店、初登場のジェラートも。各ジェラートのこだわり、近所のおすすめスポットなどを紹介します。第3回は、マンゴージェラート。「鳥越農場」の鳥越礼子さん、ご子息の崇宏さんにお話を聞きました(〒839-0837久留米市田主丸町益生田2284-6 TEL: 0943-72-1349 google map)。

マンゴーを地道な手作業と先端ITで
 一週間前にお会いする約束をした時、初めて聞いた「熟すと枝から自然に落ちる」完熟マンゴーの自然の営みに惹かれ、約束の日、まずは崇宏さんに栽培ハウスを案内してもらいました。
 扉が開くと、そこには幾つものマンゴーの実が空中に吊らされた何とも不思議な光景がありました。枝が折れず、実に十分な日差しを当てるためです。2棟で5000個、一つ一つを吊るすのも大変でしょうが、熟す頃合いを見て今度はネットを被せる作業。文字通り手塩に掛けていることを実感。
 このハウスでは5年前から室温やCO2などのデータがセンサーで自動収集され、崇宏さんのスマホでいつでもどこでも確認できます。その結果、マンゴーの成長に必要な光合成を促すため、CO2の溜まったハウスをいつ換気すべきかを客観的に決められるようになったそうです。
 手作業とIT技術で大切に栽培されたマンゴーは、完熟するとネットの中に落ちるのだそうです。落ちるタイミングはバラバラ、同じハウスの中でも3週間程の差が。だから、毎日落ちている実を見回るそうです。収穫の様子も今度見せていただけることになりました。きっと宝探しをしてるような楽しさがあるのでは。今年の収穫は、ほぼ例年通り6月末から8月半ば、お盆の頃までだそうです。

柿狩りで有名な農場が挑んだマンゴーづくり
 柿畑やブドウ畑が続く「山苞の道」。その道沿いにある鳥越農場で礼子さんと会いました。ブラジルに移住しジャガイモで成功した初代・鳥越善蔵さんが帰国、ここにあった松林を鍬1本で開墾し柿を育てたのが始まり。1960年代半ばには、右田農園と共に柿狩りを最初に始めました。今では、柿の他に、完熟マンゴー、いちじく、いちごも栽培しています。
 マンゴーを栽培し始めたのは15年前。崇宏さんのお姉さんが柿を学ぶため宮崎大に入り、偶然そこでマンゴーに出会いました。お姉さんの願いでハウスを建て、崇宏さんと二人でマンゴー栽培が始まりました。でも最初は上手く実が育たず苦労続き、3年目に初めて出荷できたそうです。
 どうやって売るかも試行錯誤。その時に大いに助けとなったのは、やはり柿。柿狩りで繋がったお客さんにマンゴーを宣伝することで地道にファンを増やしていきました。「柿農園をやっていたからこそ、マンゴーが成り立ちました」と話す礼子さんは感慨深げでした。
 幾つもの苦労を越えてきたマンゴー栽培。マンゴーの味も格別、糖度17度の甘さ、かつ、「他の土地のものだと感じるエグ味が無い」とお客さんに喜ばれるそうです。ハウスで完熟し自然落下した後、3日ほど追熟したまさに食べ頃のマンゴーが農場の棚に並べられるそうです。販売時期は収穫とほぼ同じ、7月初めから8月のお盆の頃まで。 

ジェラート、完熟マンゴーとイチゴの2品
 マンゴージェラート自体は、栽培し始めた数年目から作っていましたが、さらなる美味しさを求め5年前からマンゴーを人手で丁寧に入れる作り方に変更。一カップにマンゴーの量は4割ぐらいと、さすがマンゴー栽培家だからこそできる贅沢さ。ジェラート総選挙でのお客さんの希望に応じジェラート自体の甘さを変えています。去年の印象と食べ比べてみるのも楽しいかも。
 また、イチゴジェラートも同時に販売。鳥越農場で栽培する多くの種類の苺を試した結果、適度な酸味と糖度があって濃い赤色の「紅ほっぺ」を採用。こちらも是非お試しあれ。どちらのジェラートも380円。保冷剤・保冷袋も別料金で買えます。
 カップのデザインは、ハウスを案内してくれた崇宏さんが作成。何でもできてしまうのですね、崇宏さん。因みに、販売店にあった柿の配送用ボックスの漢文調デザインも素敵で、思わずジェラートと並べての記念撮影に。

鳥越さんとっておきの眺め、古墳に咲く桜
 この辺りのお気に入りの眺めを礼子さんに聞きました。山苞の道では、柿畑が広がっているので秋の柿の紅葉、眺めの良さなら、田主丸大塚古墳の上から見る筑紫平野。「でも、鳥越農場にも眺めの良い所はありますよ。」と案内されたのは、鳥越農場の販売所のすぐ隣、木製の屋外テラス。柿畑を手前に平野が広がります。
 テラスで山の方に振り返った礼子さん、もう一つの眺めを教えてくれました。「今は緑一色で分からないけど、桜が小さな古墳の上に立っていて、満開の桜が山の風に舞う花吹雪は最高です。」4月初めは苺狩りの頃、苺のハウスから花吹雪が見られるそうです。古墳の上の桜、とても浪漫を感じます。
 でもやはり最高の眺めは、栽培ハウスで完熟マンゴーがぶら下がる光景かもしれませんね。1週間ほど前に電話確認すればマンゴーハウスを案内してもらえることも。作業の兼ね合いで「必ず可能」とは言えませんが、それでも試してみる価値は十分ありますよ。

インフォメーション
 ●鳥越農場 公式サイトhttp://www.torigoenojyo.jp/index.html。〒839-1213 福岡県久留米市田主丸町益生田2284-6。TEL 0943-72-1349。営業時間 10:00〜17:00。休み-年末年始。駐車場-複数台数駐車可。
 ●鳥越農場 2019年版案内状
 ●ジェラート総選挙の情報 耳納北麓ジェラート街道(久留米市世界のつばき館公式サイト)  
 ●「耳納北麓ジェラート総選挙巡り2019」参加店のブログ一覧
  豆乳ジェラート-昔風に涼みながら味わおう(おとうふ屋 凛) 
  ②久留米つばきジェラート-夏の椿とともに(久留米市世界のつばき館) 
  ③マンゴージェラート-枝から自然落下した完熟の味(鳥越農場) 
  ④トマトジェラート-古民家を思わせる空間で(道の喫茶 もり辺) 
  ⑤巨峰ジェラート-ブドウ園を目の前に(巨峰ワイナリー) 
  ⑥オリーブ塩ミルクジェラート-宿場町古民家の暖簾をくぐり(ギャラリー山帰来) 
  ⑦糀甘酒黒ごまプレミアムジェラート-蔵香り、囲炉裏火香り、ごま香る。(紅乙女酒造) 
  ⑧大人の香ばし緑茶ジェラート-白いキッチンカーを目印に!(Cocon Cafe & Gelato) 
  ⑨ネクタリンジェラート-様々な生き物にも出会えるかも(樹蘭マルシェ) 

コメント

このブログの人気の投稿

NHKがシクラメン・アジサイ生産者『坂本植物園』を取材

  平日夕方 6 時 10 分からのNHKニュース番組『ロクいち!福岡』の1コーナー「西日本の旅」取材班が田主丸を訪れました。 2019 年 4 月 11 日シクラメン・アジサイ生産家『坂本植物園』さんの取材に 私も 同行。坂本植物園さんは「花の国づくり共励会 花き技術・経営コンクール」農林水産大臣賞受賞など全国でも有名な鉢物栽培家。取材風景も面白かったですが、そこに働く方々の溌剌とした姿が印象に残りました。その模様をお伝えします。 ダンディで落ち着いた雰囲気の社長・坂本和盛さん   雨にぐずいついた昨日をまだ引きずった空模様ながら日差しが戻り、新緑も瑞々しい耳納山。その山の麓、久大本線のすぐ傍に『坂本植物園』はあります。幾つもある大きなビニールハウスの一つで、NHK取材班と打ち合わせをする坂本植物園・坂本和盛社長を見つけました。スリムジーンズを着こなし、笑みを湛える姿がとても魅力的。収録本番でも、終始、コーナー担当の庭木櫻子アナウンサーに、丁寧に分かりやすく説明されました。自然と坂本社長の周りに人が集まってくるような優しい雰囲気に満ちていました。 アジサイにも負けぬ華やかさで働くパートの皆さん  最初は取材風景ばかりに気を取られていましたが、そのうち次第にアジサイの花鉢の間をテキパキと動き回る 15 名のパートの皆さん(殆どが女性です)に惹かれて行きました。  ハウスの外に置かれた台車にアジサイを運び出す作業となりました。アジサイ鉢の入ったトレーをバケツリレー式で次々と流し、最後は抱えて台車に載せていきます。台車の上の棚は女性の頭ほどの高さですが、そこへトレーをスイスイと並べます。4つの鉢を載せたトレーは重さ 10 ㎏。台車はトレーで一杯になるとすぐに動かされ、そこへサッと次の台車が。こうして今日は 300 前後の全国各地向けのトレーが短時間で搬出されました。  声を掛け合い、息を合わせて働く姿に、年末の買い出しに行った築地市場の場内を思い出しました。大忙しでも全てスイスイ流れる小気味良さが似ているのです。しかも、ここで運ばれるのは花、そして働くのは女性。とても華やかです。「花の仕事場は静か」という先入観を良い意味で裏切られました。  華やかさは、その後も続きます。今度

久留米農業体験「くる農」で、苔玉(こけだま)つくりを体験

  久留米農業体験「くる農」の「苔玉つくり」に参加しました。お世話になったのは、久留米市田主丸町殖木の「九州農園」栗木トシ子さん・直樹さんご夫婦。桜などの植木・苗木がご本業だけあって、ご自宅の玄関先や庭園は、新緑眩しい木々や綺麗な花々に満ちていました。初めての苔玉つくり。自然と触れ合う「和」の気持ち良さを味わいました。庭園では美味しいお食事を楽しみ、苗木の話にも花が咲き-。耳納北麓の魅力的な暮らしに近づける楽しいひと時を紹介します。 和洋が調和した玄関先や庭園が印象的な「九州農園」さん   晴天の青空の下、集合時刻の朝 10 時。九州農園さんを訪れると、木々や草花の美しさにまず目を奪われました。玄関先は門かぶりの槙と花鉢で飾られ、和と洋が上手く取り合わされた印象です。その印象は、庭園でさらに強まりました。赤青パラソルのテーブルから右を見れば、樹齢 120 年を超す多行松が幾つもの枝を伸ばす圧倒的な和の趣き。一方、左を見れば、ゆったりとした空間で洋風の趣き。二つの趣きが無理なくつながっています。この庭園でずっと過ごしたくなりました。 まずは桜チップ燻製でガーデン・ランチの仕込み  その庭園でのガーデン・ランチのために、最初は燻製作りです。直樹さんが火を点けたチップ材は、売れ残った桜の苗木をチップにした自前だそうです。燻製の材料はベーコン、鶏肉、チーズ、卵など…。そこへトシ子さん「これもやってみましょ!」と筍も!?楽しければ何でもOKです。苔玉つくり参加者の皆さんも手伝って、煙同様に和気あいあいの雰囲気が次第に湧き上がってきました。 苔玉(こけだま)つくり① 準備、ケト土と植物選び  いよいよ苔玉つくり。皆さんも真剣な表情に。今回の参加者は、生け花をなされてる森川さん、佐賀の陶芸工房のご主人・岩本さん、みどりの里づくり推進機構にお勤めの野上さん、そして私の4人。    材料は、まずは各自で選ぶ植物。それを包む肥料入りの土にミズゴケ。さらに外側に、沼の水底に積もったケト土(似ていても田圃の黒土は代用できません)。最後に一番外に巻く緑のシノブ苔。ケト土は短時間で耳たぶくらいの柔らかさに揉む熟練技が必要で

ミカン苗木の生産量日本一!田主丸で接ぎ木体験

  福岡県は、ミカン(かんきつ類)苗木の生産量で全国シェア 77 %とダントツ1位。そして福岡県の大部分が久留米市・田主丸産!苗木は和歌山など全国へ売られ、そこで育てられたミカンが店頭に。実は田主丸は一般家庭と深~く繋がっているのです。今回のゴールデン・ウィーク、苗木栽培の基本、接ぎ木を体験してきました。 ゴボウ?!が突き出た苗木畑。接ぎ木のやり方   毎年4月中旬からゴールデン・ウィーク頃にかけて、田主丸のあちこちで、苗木の接ぎ木作業が見られます。その風景を見つけるのは簡単。黒いビニールシートの上にゴボウのような行列が突き出た畑で幾人かで作業しています。ゴボウの正体は、地面近くで伐採されたカラタチ。これが台木となり、そこへミカンの枝(穂木)を接ぐのです。   近くで見せてもらった接ぎ木作業。複数の人が並ぶ行列は3つの役割に分かれています。行列の最初は、台木に切れ込みを入れます。田主丸独特の反りの小刀で、外皮と白い芯部の間の薄い緑部分を切り込むため、両手で刀を扱う職人技。行列の中程は、その切れ込みに別の場所で育てたミカンの穂木をしっかり挿し込みます。最後に、その穂木と台木をテープで巻きます。長さ 5cm 程度のテープを伸ばしながら、ちゃんと隙間無く切れ込みの下から穂木の頭までを包みます。どの役割もちゃんとやらないと、ミカンの芽は出ないそうです。 ずっと屈んだままの作業にこんな工夫も   黒いビニールシートの端はずっと先。その列は 10 列以上。基本的にはずっと屈んだまま全てのゴボウの台木に接ぎ木します。だから作業する皆さんは痛みを和らげる工夫をしています。ずっと地面に付けたままの膝を守るための座布団。座った姿勢でしかも体の動きと連動させるため、腰に括り付けた発泡スチロールの椅子。農協?で売っているコロ付き移動椅子。他所から来た私には、そういった物一つ一つも苗木体験の面白さです。 テープ巻きや、小刀を扱う切り込みまで体験!  「どうです、やってみません?」と誘われ、私も体験させてもらいました。どれも見るのとやるのとで大違い。実に難しかったです。  「ノビール」という名のテープ